作成者別アーカイブ : yoyakuYH

丹後半島の夜の光

2018年6月14日

夏至の日が近づいています。日没の時刻はだんだんと遅くなり、ゆうべの天橋立の松並木からの日没は、18:59。高緯度のヨーロッパに比べるとまだ早い日没ですが、それでも桜の時期からすれば太陽の支配が一時間以上も長くなり、活発さを増す森の動物たちの生活を見るにつけても、ますます濃く深くなってくる山の緑を見るにつけても、季節がゆっくりと、しかし確実に、変わってきていることが感じられます。

 

ところで、皆さまはふだん、旅先でどのように夜をお過ごしですか?

昼間を長い移動に費やしたため、宿に着き、夕食を取ってからはあまり動かず、ゆっくりと湯に浸かって旅の疲れを癒したり、または仲良くなったゲストと談話室で語らったり、地図を取り出して、明日からの道程を確認したり……。そのようにして、きっと、一度脱いだ靴に朝までふたたび触れることがないという方が、存外多いのではないでしょうか。

当ユースホステルの位置する宮津市・天橋立は丹後半島の付け根に位置し、都からはいくつも山を隔てているために、同じ京都といえども、京都市内と比べると夜が非常に暗いです。そして、そのように夜が暗いからこそ、ここには都市部では見ることのできない自然の夜の光があります。

 

夜、晴れた日にはもう一度、天橋立の松並木を歩かれてみてください。静かな砂浜から、暗い海の上を見上げるとそこには、夜空を埋めつくし、無数の星々が輝いています。

曇りの日は、空から少し目線を下げて、山の木々の方へ向かってみてください。付近の小川に、水田に、緑色に飛び交う蛍の光が見つけられます。

お車やバイクでお越しの方には、ユースの近場にある、スタッフおすすめの星空と蛍のスポットをお教えすることも可能です。

 

日帰りではもったいない。昼間だけではない丹後半島の魅力を、ぜひ知っていただきたい。

天橋立ユースホステルなら、夜22時まで、当日の飛び込みもOKです。

6月26日まで!丹後で絶景の日の出を!

2017年6月19日

天橋立ユースホステルをまだ真っ暗な午前3時半に出発。

丹後半島の反対側までお車で約45分。

丹後町・此代(このしろ)は絶景の日の出ポイントです。

経ヶ岬方向から上る朝陽を眺めつつ、食堂「レストこのしろ」さんでは、

6月の土・日・月曜日限定で午前4時半から早朝営業もされています。

地元産のうどんや平飼い卵の卵かけご飯を頂き、眩いばかりの朝のひととき。

その後は、港で浜売りを楽しむも良し、ユースに戻ってもうひと眠りも良し。

6月26日まで、前日のご宿泊もお取り出来ます。

詳細、お問い合わせくださいませ。

お電話でのご予約・お問い合わせについて

2016年8月10日

お電話でのご予約・お問い合わせは午前9時から夜9時までの間でお願いいたします。

その間でも、食事提供中で電話に出れない時や買出しで留守にすることもありますので、

その場合は留守電にメッセージを入れて頂くか、時間を置いてからおかけ直しください。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 

10月17・18日 伊根博覧会2015開催!

2015年10月13日

毎週末、気になるイベントが行なわれている10月の丹後です。

10月17・18日は「伊根博覧会2015」!

普段の観光だけでは味わうことができない伊根の一歩奥へ。

天橋立ユースホステルから伊根へはのんびり路線バスで約30分。

バスからの車窓を楽しみながらゆっくり伊根旅へどうぞ!

伊根暮らしイベント「伊根博覧会」今年も開催!ホームページ

伊根博覧会2015チラシ 伊根博覧会2015チラシプログラム

 

お食事について

2015年7月3日

天橋立ユースホステルの食事は予約制です。
夕食980円、朝食620円

夕食は一汁三菜の定食、メインは基本的に肉料理です。朝食は和食(ご飯・卵・魚・豆腐・味噌汁)です。
お米は丹後米、朝食のお味噌汁は海の見える里山世屋の手づくり味噌を。

その他の食材もできるだけ国産で、近くのもの(丹後のもの)を使うように心がけています。

前日までにご注文くださいませ。