作成者別アーカイブ : yoyakuYH

始まりました、「カニパック」!

2018年10月29日

 

 

お待たせしました!冬の恒例「かにパック」、受付開始いたします!

蟹の価格高騰に屈せず、今年もお値段据え置きで頑張ります!

期間は2018年11月6日~2019年3月31日、

例年通り3コースをご用意して、みなさまのご予約をお待ちしております。

 

◆お1人様で蟹2杯!まんぷくコース<松> 10,500円

 かに鍋・ゆでがに・焼きがに・かにみそ・かにグラタン・かに雑炊

 

◆このボリュームで、この価格!蟹1.5杯分 おすすめコース<竹> 9,500円

 かに鍋・ゆでがに・焼きがに・かにみそ・かにグラタン・かに雑炊・手づくりスイーツ

 

◆かに鍋で!蟹0.5杯分 ちょっとコース<梅> 6,500円

 かに鍋・かに雑炊・かにグラタン

 

※上記料金は1泊2食付きの男女別相部屋料金です。個室をご希望の方は、別途個室料金が必要になります。

※オプションで、お刺身の盛り合わせ(一皿1,550円、2人前相当量)もご用意が可能です。

※12月31日はお受けしておりません。また、食事提供のない日や、席数の都合でお受けできない場合がございます。事前にお問い合わせください。

※蟹は北洋産の冷凍蟹を使用しております。

イベント目白押し!

2018年9月14日

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」放送が決定し、にわかに注目の集まっている宮津・天橋立エリア。

9月・10月も宮津・天橋立エリアでは秋のイベントが目白押し!

 

9/29(土)9/30(日) 天橋立ツーデーウォーク

10/5(金)・10/6(土)・10/7(日) 城下町宮津七万石 和火

10/13(土) ぶらり丹後 宮津城編

10/14(日) 眞名井神社正遷座祭

10/15(月) 眞名井神社例祭

10/20(土)11/30(金) 由良みかん狩り 

10/28(日) 天橋立ふゆ花火

11/10(土) ぶらり丹後 府中編

 

 

 

以下の太字をクリックすると、詳しい情報がご覧になれます。

 

9/29(土)9/30(日) 天橋立ツーデーウォーク

宮津の歴史と自然を歩いて巡るウォーキング・コース7選。2日間、自分の体力と相談しながら、海のそばに、山の中に、宮津の歴史と自然を訪ねてみませんか?

 

10/5(金)・10/6(土)・10/7(日) 城下町宮津七万石 和火

城下町として栄え、今もなお当時の面影を残す寺町界隈でのまち歩きイベント。一万個の灯火により夜の寺町がライトアップされ、模擬店や音楽演奏など様々な催しが行われます。

 

10/13(土) ぶらり丹後 宮津城編

学芸員と歩いて歴史探検。かつて宮津に城があった!?絵図や発掘調査で見つかった遺構をもとに、その痕跡をたどります。参加費無料。

 

10/14(日) 眞名井神社正遷座祭

2019年、元伊勢籠神社が本宮御鎮座1300年を迎えるにあたり、その奥宮である眞名井神社は解体修理中でした。修理期間中、籠神社本殿にお遷りいただいていた眞名井神社の大神様が、1014日の夕刻、2年ぶりに本座へとお遷りになります。

 

10/15(月) 眞名井神社例祭

毎年10月15日に行われる眞名井神社の例祭。前日の正遷座祭の後、今年は3年ぶりに眞名井神社にて執り行われます。

 

10/20(土)11/30(金) 由良みかん狩り

みかん園から見下ろす由良川の河口。丹後由良は、丹後七姫が一人・安寿姫の伝説の残る地。京都府下最大の川「由良川」は、この場所から果てしなく広い海へと流れ込んでいきます。

 

10/28(日) 天橋立ふゆ花火

 14回目となる今年は、ユースホステルのある府中側で開催!模擬店の立ち並ぶメイン会場まで、ユースホステルから徒歩10分です!

 

11/10(土) ぶらり丹後 府中編

学芸員と歩いて歴史探検。ユースホステルのある天橋立府中地区は、その名の示す通り、かつては国府や国分寺が置かれた、丹後の政治の中心地でした。雪舟筆「天橋立図」に描かれた当時の景観を思い起こしながら、府中エリアを散策します。参加費無料。

 

天橋立ユースホステル 秋の2大キャンペーン

2018年9月1日

天橋立ユースホステル 秋の2大キャンペーン

 

第1弾 「2泊目以降、宿泊費半額!」

第2弾 「BBQプラン登場!」

 

 

長旅は費用がかかるから、短い日数にできるだけスケジュールを詰め込んでみたものの、思ったよりも見所が多くて、全然時間が足りなかった……。

せめてもう少しゆっくり見て回れたら、もっと違った旅になったかもしれない……。

これは、多くの旅人に共通する悩みではないでしょうか。

 

ユースホステルは、若者の旅を応援します。

「時間はあるけれど、お金が足りない」

そんな若者の旅を、なんとか応援することができないかと考えました。

 

もしも気に入った町に、半額でもう1泊、できるとしたら?

あなたなら、どうしますか?

 

 

秋の2大キャンペーン第1弾 「2泊目以降、宿泊費半額!」

期間:9/1 ~ 9/30

対象:26歳以下限定

 

1泊目…………通常料金

2泊目…………半額

3泊目以降……半額

 

2泊目も、3泊目も半額、ということは、

3泊しても、宿泊費は2泊分!

1週間泊まっても、なんと宿泊費は4泊分です!

 

この機会に、天橋立を拠点にして、丹後半島を一周してみるのも面白いかも?

ぜひ、いつもの旅よりも少し時間をかけて、じっくりその土地の暮らしにふれてみるのはいかがでしょうか?

 

【費用参考】

YH会員

1泊 2750円

2泊 4125円(= 2750円 + 1375円)

3泊 5500円 (= 2750円 + 1375円 + 1375円)

 

一般

1泊 3050円

2泊 4575円 (= 3050円 + 1525円)

3泊 6100円 (= 3050円 + 1525円 + 1525円)

 

※上記の金額はすべて、素泊まり料金となります。

 

なお、近畿在住の23歳未満の方は、YH会員登録0円(通常2500円)キャンペーン中!

お申し込みは9月30日まで!

この機会に、あなたも世界で使えるYH会員証を入手してみては?

 

 

 

秋の2大キャンペーン第2弾 「BBQプラン登場!」

 

芸術の秋。

スポーツの秋。

読書の秋、恋愛の秋、そして、

食欲の秋。

天橋立ユースホステルが提案するのは、ずばり、食欲の秋!

 

期間:9/1 ~ 10/31

対象:全員

料金:2000円

 

ふだん、天橋立ユースホステルでは、一汁三菜の夕食を980円にて提供しております。

ボリュームたっぷりと好評をいただいているそのメニューよりも、さらにボリュームアップした、お肉・お野菜・ときどき海鮮のBBQプランをご用意しました!

天橋立を見下ろす丘の上で、ぜひ楽しいひと時をお過ごしください。

 

※BBQプランのお申し込みは、HPの問い合わせフォームから、またはTELにてお待ちしています。

※雨天時は屋内食堂での提供となります。

 

 

 

 

 

キャンペーンの意義

日本三景の聞こえ高く、古来より多くの旅人がこの地を訪れては、その景観を称え続けてきた天橋立。また、この並木道全体が、天橋立の北側にある元伊勢籠神社へ詣でるための参道の役割を果たしていたという説もあります。

このように、とかく単独で注目されることの多い天橋立ですが、みなさまはご存知でしょうか?この歴史ある景勝地のすぐ近くで、同じだけの長い歴史を通し受け継がれてきた、独特の人々の暮らしと知恵があることを。

 

あるいは、漁船を毎晩陸へ引き上げるために、住居の1階をまるごと舟のガレージとして利用した「舟屋」。

あるいは、稲作の困難な急傾斜の山地で、それでも稲作を行なうために、階段状に水田を作った「棚田」。

 

このきわめて独特な海と山の暮らしはいずれも、

・伊根の舟屋(日本で最も美しい村連合加盟)

・世屋の棚田(日本の里山100選選定)

として、内外の観光者を惹きつける魅力を備えています。

 

ちょうど丹後半島一帯は稲の収穫期を迎え、実るほど頭を垂れていた稲穂が、人々の食卓に上るために続々と刈り出されていきます。

この黄金色の風景を見られるのもあとわずか。

まもなく皆様も食卓で新米をいただくことかと思います。ですがその前に、まさに実りの時を迎えた稲穂を、その目で見に来てみませんか?

 

皆様のご来訪を心よりお待ちしています!

 

 

 

 

 

伊根の舟屋、世屋の棚田へのアクセス

「元伊勢籠神社前」から「伊根」まで……丹海バスにて30分、200円

「元伊勢籠神社前」から「上世屋」まで……丹海バスにて36分、200円

 

「元伊勢籠神社前」は、天橋立ユースホステルの最寄りのバス停(徒歩10分)です。

夏季ヘルパー募集のお知らせ

2018年6月21日

近畿地方に梅雨入りが宣言されて2週間が過ぎ、ここ天橋立でもしばらく雨の日が続いています。この雨が上がる頃、丹後半島はいよいよベストシーズンの到来となり、当ユースホステルも海を訪れる方々の滞在の拠点として、毎年たくさんの方々にご利用いただいております。

 

さて、天橋立ユースホステルではその夏の間、一緒に働いてくれる仲間を募集いたします。

仕事はシンプル。休憩時間には、日本三景・天橋立を満喫してください。

目の前に開けている海はもちろん、後ろを振り返れば山や高原の広がる自然の豊かな地域ですので、海だけでなく、山や森の散策が好きな方にもおすすめです。

以下、募集要項を記載いたします。

・期間:7月20日頃~8月20日頃 (1週間から相談可)

・募集人数:2名

・勤務時間:7.5時間程度/日

・休日:1~2日/週

・業務内容:調理補助、清掃

・条件:住み込みが基本となります。

より詳しい情報をお求めの方は、メールやお電話でお問い合わせください。

丹後半島の夜の光

2018年6月14日

夏至の日が近づいています。日没の時刻はだんだんと遅くなり、ゆうべの天橋立の松並木からの日没は、18:59。高緯度のヨーロッパに比べるとまだ早い日没ですが、それでも桜の時期からすれば太陽の支配が一時間以上も長くなり、活発さを増す森の動物たちの生活を見るにつけても、ますます濃く深くなってくる山の緑を見るにつけても、季節がゆっくりと、しかし確実に、変わってきていることが感じられます。

 

ところで、皆さまはふだん、旅先でどのように夜をお過ごしですか?

昼間を長い移動に費やしたため、宿に着き、夕食を取ってからはあまり動かず、ゆっくりと湯に浸かって旅の疲れを癒したり、または仲良くなったゲストと談話室で語らったり、地図を取り出して、明日からの道程を確認したり……。そのようにして、きっと、一度脱いだ靴に朝までふたたび触れることがないという方が、存外多いのではないでしょうか。

当ユースホステルの位置する宮津市・天橋立は丹後半島の付け根に位置し、都からはいくつも山を隔てているために、同じ京都といえども、京都市内と比べると夜が非常に暗いです。そして、そのように夜が暗いからこそ、ここには都市部では見ることのできない自然の夜の光があります。

 

夜、晴れた日にはもう一度、天橋立の松並木を歩かれてみてください。静かな砂浜から、暗い海の上を見上げるとそこには、夜空を埋めつくし、無数の星々が輝いています。

曇りの日は、空から少し目線を下げて、山の木々の方へ向かってみてください。付近の小川に、水田に、緑色に飛び交う蛍の光が見つけられます。

お車やバイクでお越しの方には、ユースの近場にある、スタッフおすすめの星空と蛍のスポットをお教えすることも可能です。

 

日帰りではもったいない。昼間だけではない丹後半島の魅力を、ぜひ知っていただきたい。

天橋立ユースホステルなら、夜22時まで、当日の飛び込みもOKです。

6月26日まで!丹後で絶景の日の出を!

2017年6月19日

天橋立ユースホステルをまだ真っ暗な午前3時半に出発。

丹後半島の反対側までお車で約45分。

丹後町・此代(このしろ)は絶景の日の出ポイントです。

経ヶ岬方向から上る朝陽を眺めつつ、食堂「レストこのしろ」さんでは、

6月の土・日・月曜日限定で午前4時半から早朝営業もされています。

地元産のうどんや平飼い卵の卵かけご飯を頂き、眩いばかりの朝のひととき。

その後は、港で浜売りを楽しむも良し、ユースに戻ってもうひと眠りも良し。

6月26日まで、前日のご宿泊もお取り出来ます。

詳細、お問い合わせくださいませ。

お電話でのご予約・お問い合わせについて

2016年8月10日

お電話でのご予約・お問い合わせは午前9時から夜9時までの間でお願いいたします。

その間でも、食事提供中で電話に出れない時や買出しで留守にすることもありますので、

その場合は留守電にメッセージを入れて頂くか、時間を置いてからおかけ直しください。

ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

 

10月17・18日 伊根博覧会2015開催!

2015年10月13日

毎週末、気になるイベントが行なわれている10月の丹後です。

10月17・18日は「伊根博覧会2015」!

普段の観光だけでは味わうことができない伊根の一歩奥へ。

天橋立ユースホステルから伊根へはのんびり路線バスで約30分。

バスからの車窓を楽しみながらゆっくり伊根旅へどうぞ!

伊根暮らしイベント「伊根博覧会」今年も開催!ホームページ

伊根博覧会2015チラシ 伊根博覧会2015チラシプログラム

 

お食事について

2015年7月3日

天橋立ユースホステルの食事は予約制です。
夕食980円、朝食620円

夕食は一汁三菜の定食、メインは基本的に肉料理です。朝食は和食(ご飯・卵・魚・豆腐・味噌汁)です。
お米は丹後米、朝食のお味噌汁は海の見える里山世屋の手づくり味噌を。

その他の食材もできるだけ国産で、近くのもの(丹後のもの)を使うように心がけています。

前日までにご注文くださいませ。