いなか留学、その後…

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%91 %e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%97%ef%bc%92

今年9月の初めに「いなか留学」の学生さんのお世話をさせていただきました。
いなか留学とは「京都のいなか」をフィールドに「地方の未来」を考え「じぶんの将来」を見つめる、大学生向け短期フィールドスタディプログラムです。
限られた時間の中、1日1日を有効に使って、徒歩、自転車、バスで周辺を探索しました。

都会的な匂いのするものはあえて外すという意外な行動に、「若者なら新しいものが好きなんじゃないか」と勝手に決めつけてしまっていた狭い考えを反省。
瑞々しい目線で切り取られた観光スポットは、昔からの名所ばかりでした。
この土地に古くからあるもの、この土地ならではのもの。
これがあったからこそ、今があるのだということを改めて考えさせられます。

手書きのステキな地図と観光情報は、天橋立ユースホステルを訪れるお客様に活用していただきます。
授業やバイトで忙しい学生生活の合間の貴重な時間を使って、一生懸命作ってくれてありがとうございました。ここでの自炊や共同生活も厳しい社会に出る前の良い栄養になってくれますように。