天橋立で「ふっこう周遊割」活用のチャンス!

清水寺の今年の漢字は「」でした。

天橋立も、今年は7月の豪雨、9月の台風と、例年より多くの天災に見舞われましたが、大いなる海の水は循環し、今では元通り美しい風景に戻っています。

 

さて、そうした被災地域の風評被害を防ごうと、観光支援事業として国が実施している「ふっこう周遊割」ですが、京都府下では、まだ利用者数が予算額に達しておらず、そのため、2019年1月31日宿泊分まで延長して実施されることが発表されました。

 

 

この「ふっこう周遊割」を利用する条件はたった1つ。

・京都府内で2泊以上連続して宿泊すること(京都市除く)。

 

旅行後、事務局に領収書等を提出することで、後日、宿泊代金があなたの口座に帰ってきます。

※平成31年2月7日(木)書類到着分(必着)まで

 

交付額は、1人1泊当たり最大4000円。

普通のホテルに泊まれば10000円が6000円に減るだけですが、

ユースホステルに泊まれば0円に!

元々、若者の旅を応援するためにユースホステルは安価で旅を提供しておりますが、

この冬はさらに、国があなたの旅を応援しています。

 

また、12月1日より、JRの青春18きっぷも販売が開始されております。

遠方の方こそ旅のチャンスです!

今まで、長時間の移動をネックに旅行をためらわれていた方も、

連泊なら、お時間を気にすることなく、のんびり過ごしていただけます。

 

ぜひこの機会に「ふっこう周遊割」をご活用ください。

 

 

「ふっこう周遊割」について、詳しくはhttps://fukkou-shuyu.jp/をご参照ください。

ふっこう周遊割の予算には限りがあり、残額の目安は上記WEBサイトで公表されております。事前にお確かめの上、お越しください。